So-net無料ブログ作成
検索選択
陽はまた昇る 第2話 あらすじ・感想 ブログトップ

陽はまた昇る 第2話 あらすじ・感想 [陽はまた昇る 第2話 あらすじ・感想]

『陽はまた昇る』テレビ朝日(木曜21時)
第2話のあらすじ&感想です。


第2話のあらすじ

入校式を無事終え、遠野一行(佐藤浩市)は
いよいよ警察学校教官として本格的なスタートを切った。

一方、宮田英二(三浦春馬)ら
遠野教場(=クラス)の訓練生たちもまた、正式に巡査として採用。

警察学校での半年間にわたる過酷な試練が、遂に幕を開ける!

 

そんななか、さっそく捜査実務の授業を開始した遠野は自ら不審者に扮し、訓練生たちに職務質問をさせることに。

トップバッターとして遠野に職務質問した
湯原周太(池松壮亮)と英二のペアは、あっけなく失敗する。

上手くやるコツを教えてほしい、と申し出る訓練生たち。

ところが…

「そんなことは自分で考えてくれ。私は一切教えない」

遠野はおよそ教官らしからぬ言葉で、訓練生たちを突き放す。

 

そのころ、初任教養部長・簑島佐和子(真矢みき)は遠野が教官を続けることを危惧していた。

先日、図らずも英二が人質となった立てこもり事件の現場に、
仮入校の生徒を連れていった遠野。

その行動はマニュアルに従って完璧な指導を志す
"鉄の女"の佐和子にとって、正気の沙汰とは思えぬものだった…。

「あの男は危険です」

佐和子は校長の内堀清二郎(橋爪功)に直訴するが…。

翌日、遠野から課せられた過酷なトレーニングをこなした英二らは、
空腹のあまり寮を抜け出してラーメン店へ。

警察学校では無断外出は禁止。
規則を破れば、退学もありうる…。

ところが、ラーメン店に入った途端、
偶然食事をしていた遠野と鉢合わせに!

どういうわけか怒らない遠野に対して不安になった英二たちは、
赦してもらうために何をすればいいか問う。

そんな彼らに遠野は冷たく言い放つ。

「昨日言ったはずだ。私は何も教えない」
「どうすればいいのか、自分たちで考えろ。それまで授業は行わない」

追い詰められた英二らは必死に対応を考え始める。

ところがその矢先、
ある事情から英二が再び無断外出をしようとし…!?



陽はまた昇る公式サイトより




やっぱり面白かったです。

改めて観ると、脇を固める出演者も演技派の方ばかり。
思わずストーリーに引き込まれていきます。


決して派手さはないけれど
こういうドラマは見応えがあって好きですねぇ。


宮田(三浦春馬)、遠野(佐藤浩一)、簑島(真矢みき)
といった、ひとクセある面々の心の変化や人間的な成長が
少しずつ感じ取れるのも面白いです。


個人的には、久々に見た
斉藤由貴(指名手配犯の妻役)が
とっても気になったな。


ちらっとしか出ないんだけど、すごく印象に残ります。


これからどんな風にからんでくるのか
こちらも楽しみ☆


『陽はまた昇る』の主題歌を歌う
EXILE ATSUSHI愛用のサングラス
 ↓    ↓
EXILE / EXILE LOVE(DVD付)エグ...

EXILE / EXILE LOVE(DVD付)エグ...
価格:4,525円(税込、送料別)







陽はまた昇る 第2話 あらすじ・感想 ブログトップ
QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。