So-net無料ブログ作成
陽はまた昇る 第3話 あらすじ・感想 ブログトップ

陽はまた昇る 第3話 あらすじ・感想 [陽はまた昇る 第3話 あらすじ・感想]

陽はまた昇る(テレビ朝日 木曜21時~)
第3話のあらすじ&感想です。


第3話のあらすじ

静岡で30代の男が巡回中の警察官から 拳銃を奪い、逃走するという事件が発生した。 朝一番にそのニュースを耳にした警視庁警察学校の 教官・遠野一行(佐藤浩市)は、動揺のあまり動きを止めた。 妻・奈津美(斉藤由貴)、そして彼女と逃避行している 犯罪者・安西雄哉(ARATA)は両者とも静岡出身。 まさか、30代の男とは安西では…? 遠野は胸のざわつきを抑え切れずにいた。 その日は奇しくも、遠野教場(=クラス)の拳銃貸与式だった。 「君たちは今日から、人を傷つける武器を持つ。そのことから目を逸らすな」   鬼教官・遠野の厳しい言葉とともに、 拳銃を受け取った訓練生たちは緊張感を抱きながら、 初の射撃訓練へと挑む。 そんななか、冷静に銃を放つ、 大学時代に射撃部だった湯原周太(池松壮亮)。 予想を遥かに超える発砲の衝撃と反動に、 思わず体をすくませながらも、 何とか訓練を続行する宮田英二(三浦春馬)たち。 ところが、訓練生のひとり・上野哲也(北村友彦)だけは 恐怖のあまり、拳銃を構えることさえできなかった…。 その情けない現状を知った初任教養部長・簑島佐和子(真矢みき)は、 遠野に「次回も同じ結果なら、辞職を勧めなさい」と言い放つ。 遠野ですら早すぎると感じる佐和子の結論。 しかし、その結論は 佐和子が密かに抱える"ある過去"が導き出したものだった…。 そのころ、英二は周太に 拳銃の扱い方のコツを教えてほしい、と頭を下げていた。 ところが、周太はむげもなく断る。 その態度に、英二は苛立ちを抑えることができず…。 そんななか、遠野教場の射撃訓練の後に、 銃弾の薬きょうがひとつ消えたことが発覚! 拳銃と銃弾、薬きょうを 許可なく持ち出すことは固く禁じられている。 見つからなければ、大問題になることは必至だ。 遠野は教場の訓練生たちに薬きょうを探させるが、 一向に見つかる気配はない。 しかし、薬きょうがなくなった以上、 誰かが持ち帰ったとしか考えられない。 犯人はこの中にいる――。 「いい機会だ。訓練の一環として、お互いを捜査しなさい。」 訓練生たちは言葉を失う。 またもや有り得ない遠野の授業が始まった。 すると、普段は冷静な湯原周太が突然…!?
陽はまた昇る公式サイト


佐藤浩一、ほんとにカッコいい☆

「強くなれ。」
この一言にシビレました‥ m(_ _)m


いろんな感情の詰まった「強くなれ。」だったな。


こんな佐藤浩一も素敵‥☆




陽はまた昇る 第3話 あらすじ・感想 ブログトップ
QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。